カブトムシ クワガタ採集 パート1

いきもの

さて、

クワガタの季節になりました(爆、、

ガチでない、カブトやクワガタ採集観察、

「アイテム」 と 「採集方法」 の

何回かに分けて投稿します。

今回は第一回、アイテムのほうです。

自分は遊び程度なのでこんな感じ、、

ガチなかたは全然違います(爆

慣れてない人は必ず良く採集されてて慣れた人と行ってください。

スズメバチ、ムカデ、ヘビ、足元が見にくいため転倒、など危険多いです。

自分は名古屋、昭和区ですが、車で10分15  分のところで、クワガタやカブトムシ採集観察(と言ってもその場でリリースするけど)してます。

準備を大まかに挙げてみると
・長袖長ズボン手袋帽子などで肌を隠す
(スズメバチに狙われる可能性もあるのでなるべく黒色でないものが良い)
・脱水予防に水分
・クワガタを穴から書き出すピンセット
・カブトムシをひっかけ落とすタモ
・LEDの懐中電灯(100均でも売ってる)と予備電池
・虫かごか、仕切りのある道具入れのようなもの
・虫よけスプレー等
・(あれば)ポイズンリムーバー
・できれば長靴など足元を保護する靴(ただ逆に歩きにくくならないもの)

これはそのアイテム、、

マニアと違ってガッツリはしないので、参考程度に見てください。。
あと、かばんは手に持ってるものやリュックタイプだと採集の都度はずしたり下に置かなきゃいけないので、
自分は肩にさげるやつか腰に巻くやつにしています。

まず、ホームセンター等で部品や金具類入れで売ってるやつ。

これは仕切りが外せるので、大きなカブトムシから、1番小さなクワガタで、1センチもないネブトクワガタなど、これでみんな入れれます。クワは同じ虫かごとかに入れるとケンカして傷つけ合うのでこういう仕切りが良いです。
開けるときに逃げ出しちゃうので真ん中で切って、半分ずつ開くようにしてます。
一時的に入れるだけなので、ちょっと窮屈だけどクワたちには我慢してもらいます、、

もし、よくある100均の虫かごなら、中でクワたちがなるべく遭遇しないように落ち葉を詰め込みます。

懐中電灯はいわゆる昔の大きくて広く照らせるものはダメ、、
高いやつでなくてもよく、画像のには100円ショップのものもあるし、
LEDで一点集中の方が良いです。
あと、電池切れや故障があると真っ暗な中では危険だし怖いので、予備のライトや電池も持っていましょう。画像のようなものだとすごく小さいから荷物にならないし。

懐中電灯の入れ替えが面倒なので、単4電池3本や4本入れるものより、単3電池個で済むものの方が楽です。

そして白いのは、ポイズンリムーバー。
蜂に刺された時の応急措置で、刺されたところに当てて毒をすいとるやつ。

そして、ピンセット。
クワガタは木のウロ(表面がガタガタしてらところ)の隙間によく隠れてるので、それをかきだすもの。ない場合は落ちてる小枝で。

あとは手袋があった方がいいです。虫除けにもなるし捕まえやすいです。

虫除けのスプレーなども必須、、林、森などめっちゃ蚊が多いし、めちゃかゆいです。。

あと、長袖長ズボン帽子などでなるべく肌を出さない。
スズメバチが標的にしやすいのは黒色。
髪の毛も帽子かぶって、黒い服も避ける。
極論すると暗い目玉を保護するため、かけてない人も伊達メガネとか、、

サイズ測るには画像の白クリーム色のノギスがあると便利です。

長くなっちゃった、、

採集方法や環境などはまた別で投稿しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました